ESP8266でfauxmoESPを使う場合の問題点 〜alexaで10個以上のデバイスを認識できない〜

ずっとESP8266をfauxmoESPを使ってアレクサと連携させ、遊んでいます。

照明やTVを音声コントロールできて非常に重宝してます。

esp8266はアマゾンで400円程度で安いので最高です。

 

最近はコントロールするデバイスの数を増やして実験したり遊んでいたのですが、問題点を発見しました。

 

なんと、esp8266にfauxmoESPを用いてアマゾンエコーであるalexaと連携する場合に10個以上のデバイスを認識させる事ができない事が判明しました。

以前の記事を読んでもらうとわかるのですが、一つのデバイスで2つのコントロールができるので、おおよそ20のコントロールができるので別に必要十分ですが、たくさんの音声コントロールを一つのesp8266で行う場合のみ困ります。

10個以上のデバイスを認識させようとすると、なぜかalexaの設定でデバイスが検索できない事で判明しました。

 

いろいろ調べていると下記のような記事を発見↓

https://bitbucket.org/xoseperez/fauxmoesp/issues/76/adding-more-than-10-devices

英語で書いてますが、要はfauxmoESPのデータの送信方法に構造的問題があってこれはどうしようもうないということのようです。

スポンサードリンク

んで、

 

これを回避して10以上のデバイスを音声コントロールするにはesp8266とalexaをつなぐライブラリをfauxmoESPからESPalexaというライブラリに変えて使えとあります。

少しライブラリをみてみましたが、簡単に使えそうでよさそうでした。

 

 

 

スポンサードリンク
カテゴリー: 制作事例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください