Mac book air mid 2012の修理  transcend jet Drive 520へ交換

先日隣の席の同僚の愛機、Mac book airが突然起動不能に陥りました。 macbookair2 症状はOSが起動せず、初めの画面のジャーン♩という音はするものの起動ディスクが見つからないというものです。 とりあえず PRAMリセット option+command+P+R起動 SMCリセット option+control+shift押しながら起動 セーフモード起動  SHIFT押しながら起動 上記施工するも不可!!   ただリカバリモード command+R でなら、ユーティリティーが起動しました。   幸いユーティリティー領域は生きていて、ディスクの修復やらを行おうとしますが、既存のssd領域だけ選択でいない状態。→だからフォーマットも不可(^_^;)   そうこうしているとユーティリティも立ち上がらなくなり、ジャーン♩の後に起動ディスクがみつからないという❓マークがmacに描出されるようになってしまいました。 ネット経由で再インストールを試みるもそもそもssdが読み取り不可なのでインストールディスクがみつからず断念。   外部ディスクにOSを入れて起動するやり方もありますが、結局ssd交換するんであれば意味ないので却下としました。   mac book airはssdなので壊れ難いイメージでしたが、sumsungとかのssdはやっぱりダメみたいですね。 それでネットで情報収集したところssdを交換すれば・・・やssdをハードにつなげるケーブルが・・・的な事がわかりました。   後者ならアップルストア行き決定で高額修理となりますが、賭けでssdだけの不良と判断 一応mac修理業者に確認するとハードに問題がなくssdだけの交換なら4万程度かかると返答があった段階でこれは自力修理と同僚が決心しました。   mac book airの型は Mid 2012 ssd 250Gbyte   同僚は早速amazonで交換用ssdを購入。 今はmacbookair様に交換用のssdと一緒に特殊なドライバーも付属したものが販売されてます。 その名もtranscendのjet Driveです。 購入したのは上記でmacbookairの裏蓋を止めている特殊なネジを回すドライバー付きです。 値段は2015年3月現在で2万と2千円前後。少し高いですが、修理に4万円以上する事を考えればね、あと、ssd交換で直らない場合は返品OKらしいしお得です。   さっそくご開帳 macbookair1   macbookairのssdってこんなにコンパクトなのね。と驚きました。 右下のアルミケースはこのssdを外部ストレージとしても使えるケースです。   ssdを交換したあとの不良ssdをフォーマットしなおしたら、もしかしたら、高速外部ドライブに早変わりするかもしれないし、このケースはいいですね。   ご開帳を終えたら、説明書を熟読し心の準備が整えばmacを分解していきます。 まず、特殊ドライバーを使い裏蓋を開けます。 macbookair3   開けたらこんな感じ macbookair4 光があったているあたりにssdが収納されています。 留め具などなく横にスライドさせる感じで装着されているので、取り外します。 そしてjetdriveの新しいssdを差し込みます。   換装完了すれば蓋を元にもどして元どおりに。   そしたら、電源を投入しはやる気持ちを抑えまずはユーティリティーを起動しssdが見えるか確認します。 今回、見事にssdが認識されています。   次はmacOSを入れる為にフォーマットして完了したら、ユーティリティーからやっと復元作業にはいります。 macbookair5   みごと復元完了し、同僚はTIMEmachineから元どおりクラッシュする前のデータを復元する事に成功しました。   また、取り出したssdですがwindowsのフリーソフトで完全にデータセクタを消去しクリーンフォーマットを行う事によって外部ディスクとして認識するようになりました。   以上。
スポンサードリンク
カテゴリー: 修理事例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください